摂食障害とは?

摂食障害とは、食生活を中心にさまざまな問題が現れる病気です。食事をほとんどとらなくなる拒食症、極端な量を食べてしまう過食症をまとめて摂食障害と呼びます。発症するのは女性の方が多く、比較的年齢の若い10代から20代に起こりやすいと言われています。表面的に出てくる問題は食生活の問題ですが、その背景にはさまざまな心理的な問題が潜んでいることが多いようです。そのため、多くの精神疾患を併発する可能性が多い病気です。

摂食障害の原因

摂食障害の主な原因としてはダイエットだと言われています。ダイエットの際に体重が減ることが快感になり、食事をすることが怖くなってしまったり、反対に痩せられなかったことをきっかけに過食に走ってしまうというケースがあります。もちろん、ダイエットの結果が影響していることもありますが、周囲の発言が関わっていることもあります。例えば、「周りから自分の体型をからかわれた」「ダイエットをしたら可愛くなったと言われた」などのことが要因となり発症する人もいます。その他でも対人関係や家庭環境の問題が絡んでいることもあります。

摂食障害の種類と症状

摂食障害と一言に言ってもさまざまな種類があります。そこでここでは摂食障害にあたる種類と症状について解説します。

神経性やせ型

神経性やせ型とは、いわゆる拒食症のことです。体重が増えることや自分の見た目が太ることに対して強い不安や恐怖を感じ、体重が減ることや痩せることに異常な種着を持つ病気です。食事をすることを拒むだけではなく、食後に無理やり吐いたり下剤を飲んだりして体内から食事を出そうとします。神経性やせ型の人は客観的にみると痩せていることが多いのですが、それでも自分が太っているという認識を持っており、減量を辞めようとしません。そのため、進行すると栄養不足により身体に異常をきたしたり、精神的にも追い込まれて日常生活を送れなくなってしまいます。中には痩せたいと思いつつ大量に食事を食べてしまい、その後に無理な排泄行為を繰り返してしまう過食・排出型もあります。

神経性過食症

神経性過食症とは、大量の食べ物を一気に食べることがやめられないという病気です。これ以上食べたらだめだと分かっていても、満腹になっていても食事をすることを辞めることができません。食べた後には食べてしまった自分を責めてしまったり太ることが怖くて、全部吐いてしまうということが多いです。食後に嘔吐などをしない症状の場合は過食性障害といいます。一時的に暴飲暴食をしてしまうということは一般的にもあると思いますが、その症状が3ヵ月以上続くのであれば、病気の可能性が高いと考えられます。

その他の摂食障害

過食症・拒食症以外にも、摂食障害にはさまざまな種類があります。例えば、食用ではないものを繰り返し食べてしまう異食症、食事をしている途中に自ら吐き戻して咀嚼を繰り返す反芻症などがあります。

摂食障害の目安とは?

摂食障害と認定される体重の目安としては、身長に対する標準体重の80%以下となります。算出方法としては、BMIで行います。体重からBMIを算出する計算方法は、体重(㎏)/身長(m²)となります。ここで算出した値が18.5以下だと低体重となり、15以下になると重症だと考えられます。また、標準体重に近くてもストレスを感じて暴飲暴食をしてしまったり、食べた後に強烈な自己嫌悪に襲われるという場合は過食症の可能性があります。

摂食障害の治療法

摂食障害の治療は、本人が食事をとることにより体重が増えることを極端に恐れるので、治療を行うこと自体が難しいと言われています。治療を行う上ではまずは肥満に対する恐怖心を取り除いたり、痩せていることへの強い固定概念を取り除くということを行う必要があります。摂食障害の裏側には何かしらの心理的要因が絡んでいることが多いので、そこを解決することが最短距離での治療となります。基本的には心理的ストレスを軽減するための認知行動療法を行いますが、あまりにも体重減少が著しい場合においては入院治療を行うケースもあります。

摂食障害の二次的症状

摂食障害は二次的症状が発生し、身体にも精神にも影響を及ぼす可能性があるので注意が必要です。まず身体的な負担としては、嘔吐を繰り返すことによって喉が腫れたり逆流性食道炎になることもあります。また、筋力が減ることにより疲れやすくなったり、低血圧や無月経という症状も発症します。精神的負担としては、鬱や集中力低下を引き起こす場合があります。それと併発する形でアルコールや薬物への依存が見られる場合もあります。

まとめ

摂食障害とは、食事に関する障害なので、体重減少によって健康を阻害することが多くあります。また、原因としては心理的要因であることが多いので、普段から悩みや不安を抱え込まないことをおすすめします。

Follow me!

コメントを残す

前の記事

パニック障害とは?

次の記事

適応障害とは?