自信がない人でも魅力的になれる方法

◉内容
はじめましてこのブログでは私の過去の体験を元に自分のコンプレックスを魅力にかえる方法をみなさんにお伝え出来たらと思います。

①はじめに
はじめに私自身について触れておきます。私は学生の頃。酷い貧血で悩んでいました。

少し体が弱かったのです。そしてクラスにも馴染めず、いじめ紛いのこともされたりと辛かったです。

これと言った取り柄も見つからず、すっかり自分のことが嫌いになっていました。

魅力がなく他人に興味を持って貰えなくなった私は、貧血で倒れて他人が心配してくれることをいいことに、仮病を使ってみたりと当時はそんなこともある始末。

私は周りから心配されることでしか人から興味を持たれなくなりました。

そして私は心配される人でなければ人から興味を持たれないという答えを見つけました。

そんな私が自信を持てるようになった体験談を元に、このブログを読んでいる皆様にも自分を好きになってもらいたいという思いで書いています。

②コンプレックスについて。
一言でコンプレックスと言っても、運動音痴や顔、性格などといろいろあると思います。私の場合は極端にネガティブなことでした。

③魅力を見つける方法。
本体ですね。自身の魅力を見つける方法それはズバリ。

自分を知ること、他人に知ってもらうこと。です。

④体験から
すっかり自身をなくしていた時に出来た友人は明るい性格で、とてもポジティブな人でした。

当時の私はそんな友人の性格が羨ましく見えてたまりません。

私のネガティブさには拍車がかかります。

ある日、勇気を出して自分のコンプレックス(ネガティブさについて)、どうしたら友人のようになれるか友人に相談をしました。

その時私をかえてくれたのは友人の何気ない言葉です。

「ネガティブな人の発言って心配性なとこあるけど。周りがよく見えてる発言するなと思うな。それってすごいよね。」

自分のネガティブさを褒められて、その時からコンプレックスは自分の魅力にもなると気づいたのです。

私は周りをよく見て発言ができる人間なのだと。

今まで自分はダメだという固定願念により客観視ができなかったのだと気付けました。
友人でも親族でも他人でも構いません。相談すること(声に出すること)は大切です。

そしてコンプレックスを受け止めて貰えたなら、こんなに気持ちが軽くなる事はありません。

コンプレックスは誰もが持ってるものだと認識するのも、気持ちが楽になる方法だと思います。

④まとめ

弱い自分でなければ周りから興味を持たれないという今までの生き方が、これからは自分の魅力で周りから興味を持たれればいいんだという生き方に変わることで人生が変わります。

自分を知ること、他人に知ってもらうことにより自分自身の魅力に気づき、コンプレックスも魅力に変えられるということが伝わりましたでしょうか?
最後までお付き合い頂きありがとうございます。

コンプレックスなどで悩みをかかえた皆様が少しでも気持ちが軽くなりますよう祈っております。

Follow me!

コメントを残す

次の記事

お客様の声