アスペルガー症候群とは?

アスペルガー症候群とは、発達障害の中の一つで知的障害を伴わない自閉症のことを指します。現在では「ASD(自閉症スペクトラム)」という呼び方に統合されています。対人関係における障害なので、生きづらさを感じる人が多いようです。

アスペルガー症候群の主な症状

アスペルガー症候群の患者でも人によって症状は異なりますが、共通する3つの症状があります。

社会性の問題

アスペルガー症候群の人は独特の人付き合いをするため、人間関係をうまく構築することができません。その理由としては暗黙の了解やその場の空気を理解することが難しいことにあります。例えば少し太っている人に悪気なく「太ってるね」と言ってしまい、傷つけてしまうというようなことが多くあります。また、周囲の人との距離感も掴めないため、積極的に近づきすぎたり、相手が迷惑だと思っていることも気づかずに自分の好意を一方的にぶつけてしまったりすることがあります。

コミュニケーションの問題

アスペルガー症候群は知的障害はないので、会話することが難しいというわけではないですが、独特な話し方をするため意思の疎通が難しい場合があります。例えば、必要以上に難しい言葉や丁寧すぎる言葉を使って違和感のある喋り方をする場合があります。この場合は、周囲の人やテレビで聴いた言葉、教科書から学んだ言葉をそのまま真似しているだけなので、実際にはあまり意味を分からずに使っていることが多いです。また、言葉の曖昧なニュアンスが理解できないので、相手の会話の意図をくみ取れなかったり、周りくどい喋り方をします。言葉をそのまま受け取ってしまうため、周囲の人からは嫌味のように感じてしまうこともあるでしょうが、本人はまったく悪気がありません。

想像力の障害

アスペルガー症候群の人はすでに決められているパターン通りに物事が進むことを好み、臨機応変に対応することが苦手です。融通が利かないので、集団生活では問題になることが多くあります。自分が想定できない事象が起こるとパニックになってしまう人もいるようです。想像することができない分、1つの物事にこだわってしまうという症状も現れます。

アスペルガー症候群の原因

現在のところ、アスペルガー症候群の原因は遺伝と胎児の時の環境にあると考えられています。ただ、まだ判明していないことの方が多く、どのような遺伝子が原因なのかは分かっておりません。昔は親の育て方に要因があり発症すると言われておりましたが、その説に関しては医学的には否定されているようです。

アスペルガー症候群の治療

アスペルガー症候群はいまだその原因が分かっていない為、根本的な治療はできません。そのため、メインの治療方法は認知療法になります。自分の考えの癖や行動パターンを自分自身が理解することによって、生きづらさを軽減するという目的があります。また、薬物治療に関しては二次障害を防ぐために行われます。アスペルガー症候群の方は日常生活の中で疎外感を強く感じてしまうこともあり、そのことによりうつ病や適応障害を併発してしまうことがあります。そのため、二次障害を防ぐために薬物療法が用いられます。

アスペルガー症候群の人への接し方

アスペルガー症候群の人が周りにいる場合には、その症状を理解した上で適切な対応が必要になります。

具体的に端的に説明する

アスペルガー症候群の人は曖昧な表現や長い説明を理解することは難しいです。そのため、何か指示をする際には具体的に簡潔に分かりやすく伝えるようにしましょう。

長所に目を向ける

アスペルガー症候群の人は苦手なこともありますが、自分の興味がある分野に関してはとても高い集中力と能力を発揮します。そのため、できない部分ばかりに目を向けずにできる部分を伸ばす方を考えるようにしましょう。

事前にスケジュールを決める

アスペルガー症候群の特徴として、突然の状況変化に対応するのが苦手です。そのため、普段の日常生活では前もってスケジュールを決めて伝えておくようにするだけで、本人のストレスを軽減することができます。

周囲の人間も注意が必要

アスペルガー症候群の家族やパートナーが当人との関係に苦しみ、うつ病や不安障害になってしまうというケースは多くあります。これをカサンドラ症候群といいます。この症状に陥るのは男性より女性の方が多く、完璧主義や面倒見のよい性格の人がなりやすいと言われています。アスペルガー症候群の人の社会性に欠けた言動を見ても我慢するという生活を繰り返した結果、自分自身がその心身ストレスに侵されてしまいます。そのため、周囲の人も無理をせずに1人で抱え込まないようにすることが重要です。

まとめ

アスペルガー症候群は集団の中で障害を感じることが多い病気です。そのため、周囲の人と分かり合えずに孤独感を感じてしまう人も多いようです。あまり自分のことを責めすぎずに自分にできることを伸ばしていくようにしましょう。また、本人も周囲の人もあまりストレスをため込まずに、悩みを相談することで鬱状態になる事を予防しましょう。

Follow me!

コメントを残す