睡眠障害とは?

睡眠障害とは、睡眠に関して何らかの問題が生じてしまう病気です。日本人の一般成人のうち、21%ほどが不眠に悩んでいると言われているため、現在は誰でも発症する可能性があると考えることのできる病気です。睡眠は心身共にとても重要なものなので、体調が悪くなってしまったり、日常の生活の中で集中力がなくなってしまうため、日常生活に支障をきたします。ひどくなると、生活習慣病やうつ病になってしまうこともあります。生活が成り立たなくなる前に早期の段階で治療をすることが大切です。

睡眠障害の原因


睡眠障害を引き起こす原因としては、さまざまな要因があります。最も多いのは環境によるものです。周囲の騒音や季節による寒暖差によって睡眠が妨げられているというケースです。その次に多いのは精神的要因です。強いストレスがかかることによって鬱状態になると睡眠障害を併発することがあります。その他の原因としては、普段のライフスタイルが関連します。例えば、食生活の乱れや昼夜逆転した生活等ですね。これらの要因が複合して発症している場合もあります。

睡眠障害の種類

睡眠障害と一言に言っても、その種類は多数あります。ここでは、発症しやすい症状についてご紹介していきます。

不眠症

不眠症とは、必要となる睡眠時間が十分にとれなかったり、睡眠の質が著しく下がってしまうことにより、生活に支障をきたしてしまう病気です。寝ようとしても眠れなかったり、途中で目が覚めてしまうという症状が起こります。そのことによって日中に眠気が襲ってきたり、集中力がなくなり仕事でのミスが多くなってしまいます。また、精神的にも気分が上がらないというような状態も起こります。不眠症に関しては、充分に眠ることができなくなると、また今日も眠れないのではないかという不安により、どんどん症状を悪化させてしまうことが多くあります。

過眠症

過眠症とは、夜しっかりと睡眠をとっているのにも関わらず、日中に強い眠気に襲われて起きていることが困難になってしまうという病気です。過眠症には、ナルコレプシー、突発性過眠症、反復性過眠症の3つの種類があります。ナルコレプシーとは、日中強い眠気に襲われそのまま短時間の居眠りをしてしまうという症状が起こります。突発性過眠症はナルコレプシーと同じように眠気に襲われるのですが、居眠りの時間が数時間と長く夜間も10時間以上眠ってしまうという病気です。反復性過眠症は強い眠気が3日~1か月ほど続き自然に解消するというサイクルが不定期に繰り返されるという症状です。

睡眠時呼吸障害

睡眠時呼吸障害とは、眠っている時に自然な呼吸ができずに無呼吸状態になったり低呼吸になってしまうという病気です。症状としては、睡眠時に窒息感があったり大きないびきをかくといったものがあります。夜間に睡眠時間を長くとっていても、睡眠の質が低下してしまっているため、日中に眠気を感じることが多くあります。

睡眠関連運動障害

睡眠関連運動障害とは、レストレスレッグズ症候群と周期性四肢運動障害があります。レストレスレッグス症候群とは、別名むずむず脚症候群ともいわれており、布団に入った後に足がむずむずする感覚に襲われるといったものです、周期性四肢運動障害とは、寝ている途中に足が小さく震えるといった症状が繰り返し起こり、途中で目が覚めてしまったり睡眠の質が下がってしまうといった病気です。

睡眠障害の治療法

睡眠障害の治療というと睡眠薬を処方されてそれで終わりと思っている方もいるでしょうが、実際にはそうではありません。本人に生じている症状に合わせて治療を進めていくことが重要です。専門医にかかり、適切な治療を受けるようにしましょう。専門的な治療以外に自分でできる対処法もあるので、日常生活に取り入れてみましょう。睡眠に対してあまり深刻に考えすぎると、逆に眠れなくなってしまう場合もあるので就寝時刻にこだわりすぎずに眠気がきてから寝床につくようにするといいでしょう。寝る前にベットでゲームをしたりスマホを見ることを辞め、ベッドは寝る場所だと体に認識させることで自然に眠れるようになることもあるようです、また、できる限り日中に昼寝をしないようにし、どうしても眠い時もその時間を短くするようにしましょう。

まとめ

睡眠は毎日必ずとるものですし、日々の睡眠不足が積み重なって心身に大きな影響を与えます。睡眠がうまくいかないと体がきついだけではなく、精神的にもきついでしょう。現在は誰もがなりうる可能性のある病気ですので、日頃から規則正しい生活を送るように心がけましょう。ストレスが要因となることから、つらいと思った時には1人で抱え込まずに悩みを相談することで予防しましょう。

Follow me!

コメントを残す

前の記事

お客様の声

次の記事

お客様の声