ADHDとは?

ADHDとは?

ADHDとは、発達障害のひとつで、日本語で言うと注意欠如多動性障害と言います。最近では大人になって気づく人も多くなっており注目を集めています。症状としては集中力のなさや落ち着きのなさ、衝動的な行動が目立つので、人間関係や社会生活に著しく支障をきたします。

ADHDの原因

ADHDの原因についてはまだ明確になっていないので、現在も研究中です。今現在で分かっているのは、生まれながらにして脳に何らかの機能異常があることと、脳の活性が低い部分があるということです。ADHDは環境で起こるものではなく、遺伝や胎児の時の影響だと考えられています。

ADHDの症状

ADHDの症状の現れ方は個人差がありますが、主に3つのタイプに分類されます。

不注意優勢型

不注意優勢型は、注意力を維持することが難しく、ケアレスミスや忘れ物が多くみられます。そのため、片付けができなかったり驚くような簡単なミスを繰り返してしまうことがよくあります。反対に自分が好きなことに対しては集中しすぎてしまうため、約束の時間を守れないということがよくあります。子どもの頃は落ち着きがないということで許される部分もありますが、大人になると仕事の中の責任も大きくなるため、支障をきたすことが多くなります。そのことが原因で、二次障害としてうつ病やパニック障害を引き起こしてしまうケースもあります。

多動性‐衝動性優勢型

多動性‐衝動性優勢型は、落ち着きのない行動が目立つタイプです。子どものころは授業中にじっと座っていられないというような症状が目立ちます。大人になってもそのような症状が続く人は少ないですが、貧乏ゆすりなどの行為を止められなかったり、衝動的に感情を爆発させたり買い物がやめられないという症状は残ります。

混合型

不注意・多動・衝動の症状が混じり合って現れているタイプです。どちらの症状が強く出るかは人によって個人差があります。

大人のADHDとは

以前は子どもの頃に発覚すると考えられていたADHDですが、最近は大人になってから分かるケースも増えているようです。そのような方は大人になってから発症しているわけではなく、子どもの頃にはその傾向が目立たずに本人も周囲の人も気づかずに大人になり、さまざまな環境の変化に伴い、症状が発覚しているということになります。特に不注意型のADHDの人は子どものころには気づかず、社会に出て仕事をする中で明らかになる人が多いようです。

ADHDの診断

ADHDは生まれつきの脳の機能異常なので診断はとても難しく、現在の症状だけで判断することはできません。そのため、幼少期からのエピソードを確認して診断を行います。大人になってADHDが発覚する場合には、二次的に他のうつ病や不安障害、依存症等が発症している場合もあるのでより診断は難解になります。診断されることによって精神的に参ってしまう人もいるようですが、自分の不注意や多動性が病気のせいだと分かることで安心できる人もいるようなので、自分が思い当たる節があると感じる場合は一度専門機関に相談してみるとよいでしょう。

ADHDの治療法

ADHDは後天的に発症する病気ではなく、先天的な脳の機能異常である上、明確に原因が分かっているわけではないので現在の医学では根治することはできませんが、症状を軽減するための薬はあるので、投薬治療は可能です。ただ、実際には薬で治療をするよりも、自分自身の症状を理解し受け入れ、特性として認めていくことが重要になります。

薬物療法以外の治療法としては、環境調整とソーシャルスキルトレーニングがあります。ADHDの人は社会の中で生きづらさを感じる場面が多くあります。その感覚を少しでも軽減するために、自分の症状にあった社会とのかかわり方を学び、対応することが必要です。自分の症状を理解し、それに応じた対応策を講じることで日常生活や仕事の負担が変わってくると思います。

ADHDの人は周囲の理解を得よう

ADHDの症状はありふれたものが多いので、やる気がないと見られてしまうことも多くあります。そのために普段の生活の中で自分を肯定できなくなってしまうこともあるでしょう。そこから二次障害に発展してしまうこともあります。そのため、周囲の人に自分のADHDの特性を理解してもらうことが重要です。ADHDの特性による症状は努力で解決できるものではないことを分かってもらい、可能な限り支障がないようにサポートをしてもらうようにするとお互いに負担を軽くすることができるでしょう。

まとめ

ADHDとは、日常生活に支障をきたす障害です。また、本人が頑張っていても周囲からも怠けていると見られてしまうこともあります。ただ、ADHDは1つの特性であるということを本人も周囲の人も理解していれば、何も問題なく日常生活を送ることも可能でしょう。まずは自分の苦手な事を把握しそれに対する対処を講じ、得意なことを伸ばすようにしましょう。つらいと思った時には1人で抱え込まずに悩みを相談することで鬱状態になる事を予防しましょう。

Follow me!

コメントを残す

前の記事

お客様の声

次の記事

お客様の声