双極性障害とは?

双極性障害とは、気分が高揚している躁状態と落ち込んでしまう鬱状態を繰り返す気分障害の1つです。世界的にみると、100人に1人は発症すると言われているので、とても身近にある病気です。精神疾患の中では治療法が確立している病気になるので、症状を抑えて通常通りの日常生活を送ることもできますが、再発率が高いので長い時間向き合っていくことが必要になります。

双極性障害ってどんな病気?

双極性障害とは躁状態と鬱状態を繰り返す病気です。躁状態の時には気分が高ぶり、誰にでも話しかけたり寝ることもなく動き続けたりととても活動的です。中には躁状態が激しすぎてギャンブルに全財産を使ってしまったり、周囲の人と喧嘩をしたりする人もいるようです。反対に鬱状態になると、一日中憂鬱な気分が続き好きだったことにも興味を示さなくなりずっと眠り続けていることも珍しくありません。これは気分の波とは異なり、周囲の人間から見ても明らかに何か違和感があると思うほどの変化がある場合は双極性障害である可能性があります。

双極性障害の原因

双極性障害はストレスによって脳内の情報伝達の乱れが起こることにより発症すると考えられています。遺伝的な要素もあるという説もありますが、実際にはまだ解明されていません。

双極性障害の具体的な症状

双極性障害の躁状態の時には、とてもエネルギーがありあまっており眠らなくても元気に活動ができます。そのため、アイディアがどんどん浮かんできたり、何でもできるような気分になり活動的になります。ただ、気が散りやすくじっとしていることができないため、思いついたことをやりとげるのは難しいという傾向があります。また、対人関係に対しても積極的になり性的にもオープンになります。

反対に鬱状態の時には、気分が落ち込み何に対してもやる気がでなくなってしまいます。あまり家から出なくなったり、日常的に行う食事や入浴ですら面倒だと感じてしまうことも多いようです。ひどくなると自分には価値がないと卑下したり、死にたいというような感情が浮かんでくるようになります。

この躁状態と鬱状態を繰り返し、治療をせずに放置しておくと次の発症までの期間がどんどん短くなっていきます。そのことにより、予防療法の効果が現れなくなり、調子がいい時間が短くなってしまう傾向にあります。

双極性障害はうつ病ではない

双極性障害はうつ病と間違われることが多くあります。その理由としては2つあります。まず、双極性障害は躁状態よりも鬱状態の方が長く続くという傾向があるため、鬱状態の方が目につきやすいからです。もうひとつは、患者自身が鬱状態の時にではないと専門家を訪れることがないからです。本人も周囲の人も躁状態に違和感を抱いたとしても、病気を疑う事はないでしょう。また、双極性障害は躁状態と鬱状態を繰り返す病気なので、鬱状態が続いたとしてもその後元気になると、病気ではないと自己判断する人が多いからです。そのため、診断も難しい上に再発を防ぐことも難しいと考えられています。

双極性障害の治療法

双極性障害の治療の目的は症状を回復させるだけではなく、再発を防ぐことも重要です。そのため、薬物療法だけではなく心理社会治療も必要になります。双極性障害の場合、鬱状態だけではなく症状が治まっている時にも服薬を続けることによって症状を安定させることができます。

心理社会的治療とは、まずは自分の病気のことについて正しく認識し、自分自身のことを肯定的にとらえ、社会復帰を目指す治療法です。自分ができることとできないことを客観的にとらえ、できなかったことよりもできたことに視点を向けることが重要です。また、社会復帰のためには生活リズムを整えたり周囲の人との関係性を回復するという治療も必要になります。双極性障害は生活リズムの乱れによって症状が悪化するということが分かっています。そのため、まずは起床や就寝、食事のタイミングを記録し不規則にならないように調整することから始めます。その後はまず家族療法からです。双極性障害は再発率が高い病気なので、再発を防止するために対人関係のストレスを軽減する必要があります。特に家族は身近にいる分、病気だと理解しているとしてもマイナスの感情を抱いてしまいがちです。それは患者さん本人にも伝わってしまいます。そのため、まずは家族が病気の症状を理解し、本人と病気を別に考えることが大切です。

まとめ

双極性障害は躁状態と鬱状態を繰り返すため、本人も周囲の人間も病気だとはなかなか気づかないことが多くあります。そのまま放置してしまうと、より症状を悪化させてしまい、本人自身も社会での生きづらさを感じて苦しんだり、最悪の場合は社会的信用を失ったり家族や職業を失ってしまう場合もあります。感情の波が激しかったり生きづらさを感じた場合には、一刻でも早く1人で抱え込まずに悩みを相談することで予防しましょう。

Follow me!

コメントを残す

前の記事

お客様の声

次の記事

お客様の声