PTSDとは?

PTSDとは、トラウマとなるようなとても強いストレスを体験した後に発症し、その出来事の夢を見たり何度も思い出されることによってその当時と同じ感覚を感じ続けるという病気です。一般的にPTSDを引き起こす出来事としては、戦争・性的暴行・自然災害・交通事故などが挙げられ、どれも命の危険がさらされたり人としての尊厳が損なわれるという経験が原因となります。また、その経験をした当人でなくとも、目の当たりにしたことで発症する人もいます。

PTSDの原因

PTSDの原因は前述したように、生死にかかわるような強いストレスを感じる体験から起こります。しかし、そのような体験をしたからといって必ずしも発症するわけではありません。発症するにはいくつかの要因があり、過去の精神的な病歴があることや虐待のようなトラウマを経験していることがあります。基本的にはPTSDの症状が発症しても数か月で自然に治っていくのですが、そのまま慢性的になってしまう場合をPTSDと呼びます。

PTSDの症状

PTSDの症状とは、主に下記の4種類です。

侵入症状

トラウマとなる出来事が自分の意図とは関係なく何度も繰り返して体験しているようにフラッシュバックします。この症状はその出来事を連想させるような物事に対して強く引き起こされることが多いです。

回避症状

トラウマを思い出すような物や人物を避けるようになる症状です。例えば、性的被害を受けたPTSD患者は出来事が起こった場所と似たようなところを避けたり、男性と近づくことができなくなってしまうことがあります。また、実際に起きたその出来事について話すことすら嫌がる人もいます。

幸福感を感じられなくなる

トラウマとなる出来事で何があったのかを忘れてしまう解離性健忘や、うつ病のような症状が現れることがあります。また、起こった出来事は自分に原因があると自分を責めて罪悪感に苦しむという人も多くいます。これまで感じられていた幸せや充実感という感情が欠落してしまい、苦しむ場合もあります。

PTSDの治療法

PTSDの治療をする上で最も重要なことは自然の回復を促すことです。トラウマをかかえる出来事の後の数か月間は、安心して過ごせる環境づくりをし、見守ることが重要です。症状が重度である場合や時間の経過とともに回復に向かっていない時には専門的な治療が必要になります。PTSDの治療では、薬物療法ではなく持続エクスポージャー療法という治療法が有効的だと考えられています。この治療法は、トラウマの記憶をあえて思い出させることにより、その恐怖に慣れさせて自分で乗り越えられたという体験をさせるという方法です。この方法によりトラウマが悪化してしまうこともあるので、行う時は専門家に依頼をするといいでしょう。

PTSDの方との接し方

PTSDの方はその出来事の後に自分が感じる不安や恐怖に関しても自分が悪いと罪悪感を感じてしまうこともあります。そのため、自分の悩みやつらさを話せる環境があることが重要です。PTSDだと診断された後は、本人の気持ちに寄り添いその反応がおかしくないことを伝えてあげるようにしましょう。周囲に話せる人がいない場合には、相談窓口にお話をしてみるのもいいでしょう。誰かに話をすることによって少しずつその時の出来事や今の症状を受け入れられるようになるでしょう。また、PTSDを引き起こすと生活習慣が乱れてしまう方も多いので、規則正しい生活をするように気を付けましょう。

まとめ

PTSDを発症する場合はとてもつらい出来事にあった後です。あまり自分のことを責めずに、焦らずゆっくりと回復することを目指しましょう。もしPTSDだと診断されなかった場合でも、同じような症状があり苦しんでいる人もいるでしょう。大切なのは病名ではなく、今苦しんでいる自分自身を労わってあげるようにしましょう。また、周囲にPTSDの人がいる場合、何もしてあげられないと感じることもあるかとは思いますが、本人が少しでも早く回復するためには周囲の人の協力が重要です。まずは話を聞いてその人自身に寄り添って隣にいることがとても重要なことです。焦ることなく、傍にいて安心感を与えてあげるようにしましょう。苦しみを吐き出すことでも少しずつ緩和します。つらいと思った時には1人で抱え込まずに悩みを相談しましょう。

Follow me!

前の記事

お客様の声

次の記事

お客様の声